2ページ目/全3ページ中
前編(1ページ目)   中編(2ページ目)   後編(3ページ目)

【中編】小高山、五輪山、伊豆ヶ岳、古御岳、高畑山(各山の標高は記事中に記載) (2012/02/18)

所在地 : 埼玉県飯能市
現地での移動方法 : 徒歩

各山の標高は以下の通りです。

小高山(標高720m)
五輪山(標高推定770mちょい。現地の案内板にも、地図にも標高の記載がありませんので地図の等高線読みで。)
伊豆ヶ岳(標高851m)
古御岳(こみたけ)(標高830m)
高畑山(たかばたけやま)(標高695m)

今回の地図です。 (1ページ目で表示されてる地図と同じです。)

以下の地図は探索ルートを示してあります。
地図上にある(番号)は 本文中の各場所と同じ番号です。
同一地点で記事や画像が複数ある場合は、※例 (1-1) (1-2) 等のように枝番が付きます。

↓↓↓地図をクリックすると別ウィンドウで表示する事ができます。

 の地図

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使 第683号)
この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合には、国土地理院の長の承認を得なければなりません。
この地図の作成に当たっては、DAN杉本様製作ソフト「カシミール3D」を使用しました。

(8-1)伊豆ヶ岳山頂(その1)

標高851mの伊豆ヶ岳山頂です。
この写真の撮影時刻が AM7:51 です。
昨日積もった新雪に足跡一切なし!
写真を撮りながらだと やはり時間がかかってしまいました。
土曜日なので物好きな人に先を越さたかも?と思ってましたが、どうやら物好きは私だけのようでした(笑
本日、伊豆ヶ岳山頂1番乗りはこの私です!(^^)
完全に自己満、、、

伊豆ヶ岳山頂(その1)

(8-2)伊豆ヶ岳山頂(その2)

本日の東京の日の出時刻は 6:26 なので、 日の出から約1時間25分。
山名標高標を撮ろうとするとちょうど逆光に(^^;
太陽が標に隠れるように撮りました。
文字がぼやけてるのは元々です。

伊豆ヶ岳山頂(その2)

(8-3)伊豆ヶ岳山頂(その3)

伊豆ヶ岳の名前の由来ですね。
いくつかあるようです。

伊豆ヶ岳山頂(その3)

(8-4)伊豆ヶ岳山頂(その4)

伊豆ヶ岳山頂にある三等三角点です。

伊豆ヶ岳はこれくらいにして次へ向かいましょう。

伊豆ヶ岳山頂(その4)

(9-1)古御岳(こみたけ)(その1)

伊豆ヶ岳の南に位置する標高830mの古御岳の山頂です。

古御岳(その1)

(9-2)古御岳(その2)

山名標高標です。

古御岳(その2)

(9-3)古御岳(その3)

ベンチがあり、あずまやまであります。
休憩には最適!

古御岳(その3)

(10)古御岳と約710ピーク(地形図読み)の鞍部

今日は風が強い日でした。
特に鞍部は風の通り道なので寒い!

古御岳と約710ピーク(地形図読み)の鞍部

(11)古御岳と高畑山の間にある約710ピーク

こういう小ピークは歩く時の目印にもなります。

古御岳と高畑山の間にある約710ピーク

(12)名郷への分岐標識

名郷への分岐標識がありました。
今回は高畑山へ行くので子ノ権現方面へ。

名郷への分岐標識

(13-1)約710ピークと高畑山の間の鞍部(その1)

この写真の撮影時刻は AM8:51 です。
こちらもまだ他者の足跡はありませんでした。
このコースは正丸駅から伊豆ヶ岳へ登って南下するのが一般的なようです。
他の登山者さん達はまだ伊豆ヶ岳あたりにいるのでしょうね。

約710ピークと高畑山の間の鞍部(その1)

(13-2)約710ピークと高畑山の間の鞍部(その2)

鞍部からちょっと南下した所に大きい岩がありました。
こういうのも「この岩はどうやってこういう配置になったのだろう?」と考えると楽しくなります。
え?ならないって?(^^;

約710ピークと高畑山の間の鞍部(その2)

(14-1)高畑山(たかばたけやま)のアレ(その1)

この辺りは南下するにつれて山全体の標高が下がってきます。
なのでこの少しの登り返しを通過すると今回の最終目的地「高畑山(たかばたけやま)」に到着します。

高畑山のアレ(その1)

(14-2)高畑山のアレ(その2)

最終目的地、標高695mの高畑山へ到着!
この山を目的地にする人はほとんどいないと思います。
多くの登山者にとってここは単なる通過点なのです

しかし! ここにアレがあるのです!

高畑山のアレ(その2)

(14-3)高畑山のアレ(その3)

アレの前に、山名標高標を。
え?もったいぶらずに早くアレとは何か教えろ?

高畑山のアレ(その3)

(14-4)高畑山のアレ(その4)

ハイ!
ドーーーン!!!

出ました!

ナローノ高畑山

コレを見たいが為に、
夜明け前から車を走らせ、
アイゼンを付け、
伊豆ヶ岳へ一番乗りし、
寒風吹き荒れる数々の山頂と鞍部を渡ってきたのです。
(本当は高畑山だけを目指すなら天目指峠から行った方が近いです)

そして遂に「ナローノ高畑山」の意味が解りました。
その調査結果は次ページ【後編】で

高畑山のアレ(その4)

TOPに戻る     後編へ